転職にかかる時間は?基本的な手順をわかりやすく解説

転職にかかる時間は?基本的な手順をわかりやすく解説

転職にかかる基本的な時間と手順

今回は転職活動の仕組みや所要時間について簡単に説明します。

 

転職活動の流れは5つのステップに分かれています。

 

自己分析、転職計画や希望条件の洗い出し
求人情報の収集
求人に応募する
面接を受ける
内定・入社

 

転職に必要な期間は、準備期間を含めて3~6ヶ月が一般的です。

 

ただし、状況やキャリア、年齢、希望条件によって大きく異なるため、1年以上かかる人もいます。

 

 

在職中の転職活動と退職後の転職活動の違いは?在職中にできるのか?

 

転職活動をいつから始めるかは、最も重要な質問の一つです。

 

在職中に転職活動を始める場合と、退職後に転職活動を始める場合では、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

例えば、在職中に転職活動を始め、転職先が決まってから辞める場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

 

在職中に転職活動をするメリット

収入が途絶えないので、焦らずに転職活動ができる
無職のブランク期間がない

 

在職中の転職のデメリット

決定まで時間がかかりがち
書類作成や面接に行く時間の確保が難しい
職場の人に知られないように行動しなければならない

 

転職を急ぎすぎると、転職先の企業研究をあまりしていなかったり、焦って転職先を決めてしまったために細かい労働条件の確認をしていなかったりなんてこともあります。

 

その結果、「入社してからもっとよく調べておけばよかった」と後悔することになります。

 

このような後悔をしないためにも、お金のことで焦らないように在職中に進めておくとよいでしょう。

 

また、退職後にあえて転職活動を行う場合は、転職活動が長期化しても焦らないように、十分な貯蓄を準備しておきましょう。

 

また、無職の期間が長引くと転職には不利なので、なるべく早く決断したいところですが、焦って無理に妥協するのはよくありません。

 

在職中であっても退職後であっても、転職活動をいたずらに長引かせないためにも、しっかりとした計画や目標を持つことをおすすめします。

 

転職の方法はたくさんある!?転職の方法、期間、手続きなどを事前に確認

 

ハローワークや転職サイト、転職エージェントなど、転職の方法はさまざまです。

 

一つに絞る必要はないので、あらゆるところから情報を集め、より良い転職を目指しましょう。

 

求人情報をそのまま信用してしまうと、事実と違ったり、都合の良い情報しか載っていなかったりすることがあります。

 

不安なことや怪しいと思ったことは、きちんと確認することをおすすめします。

 

就職活動には情報が欠かせません。

 

面倒でも努力を惜しまないことが成功の秘訣です。