やりたい仕事がない!?そんな時の転職や退職について

やりたい仕事がない!?そんな時の転職や退職について

やりたい仕事がないときの転職や退職

今の仕事が漠然と嫌で、「転職したい」「退職したい」と思うことは誰にでもあるはず。

 

いざ転職活動をしてみても、「やりたい仕事がない」と途方に暮れることも少なくないでしょう。

 

本当にやりたい仕事を見つけるのは難しいことですから、年齢や経歴に関係なく、自分に合った仕事を考え始めるのに遅すぎるということはありません。

 

もし、「興味のある仕事がない!」「やりたいことがわからない!」というのであれば、「やりたい仕事がない」という現状の理由と克服方法をご紹介します。

 

やりたい仕事がない!?転職したいのに仕事が決まらない原因

 

「やりたい仕事がない」という人には、いくつかの共通点があります。

 

適職が見つからない原因は主に下記の4つです。

 

自己分析不足している
自分に自信がない
将来への不安がある
今の仕事が好きではない

 

【やりたい仕事がない人の特徴1】自己分析が不足している

 

自己分析がうまくできていないと、本来の自分とはミスマッチな仕事に就いてしまう可能性があります。

 

資格やスキルだけでなく、自分の興味や得意・不得意分野を把握することも、自分に合った仕事を見つけるための一つの方法です。

 

あなたの個性
長所と短所
好きなこと・嫌いなこと
趣味・特技

 

例えば、聞き上手であれば、コミュニケーション能力を活かせる仕事に向いているかもしれません。

 

なかなか希望の仕事に就けない人は、もう一度自分を細部まで見直してみてください。

 

自己分析が苦手な方は、転職エージェントに自分に合った仕事を紹介してもらうのも一つの手です。

 

【やりたい仕事がない人の特徴2】自分に自信がない

 

自分に自信がない、自己肯定感が低い人は、「働きたいのに仕事がない」「自分が何をしたいのかわからない」と落ち込んでしまいがちです。

 

また、「やりたい仕事がない」と感じているニートやフリーターの場合もあります。

 

周囲の目を気にして、本当にやりたい仕事ができないのかもしれません。

 

チャレンジしようと思っても、「向いていない」「辞めたほうがいい」と言われるのが怖くて......という経験はありませんか?

 

他人の意見はひとまず置いておいて、まずは自分がどんな仕事をしたいかを考えることが大切です。

 

まずは自分を尊重し、周りの意見や評価に左右されず、自分の興味やスキルを考えた上で、本当にやりたい仕事を見つけてください。

 

【やりたい仕事がない人の特徴3】将来への不安がある

 

やりたい仕事や興味のある仕事よりも、将来のビジョンを先に考えてしまうため、就職できない人がいます。

 

将来、体力的に仕事を続けられるか?
結婚や出産と両立できるだろうか?
昇進や昇給は可能だろうか?

 

...などなど。

 

10年後、20年後の将来が不安で、今の仕事に不安を感じ、やりたい仕事に就けなくなる人が多いようです。

 

具体的な未来を描くことはほぼ不可能なので、適職を考える際には、将来のことは後回しにするのが賢明です。

 

20代はもちろん、30代、40代でも将来のビジョンに迷っている人は多いので、まずは今の仕事をしながら自分自身をしっかり理解するのが一番です。

 

自然とやりたい仕事が見つかり、今の仕事にやりがいを感じられるかもしれません。

 

【やりたい仕事がない人の特徴4】今の仕事が好きではない

 

転職したいけど、やりたい仕事が見つからない。

 

このような人は、今の仕事を早く辞めたいだけという可能性もあります。

 

早く辞めたいから転職活動をしているのであって、やりたいことが見つからないのです。

 

まず、今の仕事を辞めたくない理由を明確にすることが大切です。

 

人間関係
給与のこと
残業代
労働環境

 

上記の中で仕事を辞めたいと思う理由はありますか?

 

辞めたい理由が明確になったら、転職する前にそれを解決する方法を探してみてください。

 

会社の人に相談し、自分の要望を伝えれば、転職せずに解決できるかもしれません。

 

今の職場で解決できそうにない場合は、明確にした「辞めたい理由」をもとに転職先を探すとスムーズでしょう。