【年代・状況別】仕事に行きたくない!働きたくない時の対策

【年代・状況別】仕事に行きたくない!働きたくない時の対策

仕事に行きたくない 年代、状況別の悩み対策

仕事に行きたくない、働きたくないという理由は人それぞれで、年齢も状況もさまざまです。

 

しかし、転職を含めた対処法を模索する場合、社会人になったばかりの20代と、会社での経験が豊富な40代では、解決の方向性に大きな差が出ます。

 

それは、年齢や状況によって考えるべきポイントが変わってくるからです。

 

そこで、今回は「働きたくない」と悩む人に向けて、年代別のポイントや注意点などをご紹介します。

 

20代の仕事に行きたくないパターン

 

20代は人生で最も自由な時間であり、30代、40代ではなく若い時にしかできない冒険やチャレンジがたくさんあるのです。

 

ただ、その中でも「私、仕事したくない病かも!」という人や「仕事に行きたくない時の名言は?」と検索している人もいます。

 

20代という貴重な時間を、落ち込んで過ごすのはもったいないですよね。

 

そこで、20代で「働きたくない」という思いが強い人は、自分のやりたい仕事や興味のあることに積極的に取り組んでみることをおすすめします。

 

20代のうちは、多方面で活躍するための土台作りが十分に可能ですので、以下のような方法で積極的に行動してみると良いでしょう。

 

未経験の業界・職種に転職する
興味のある分野の勉強をする
海外留学をする

 

チャレンジの結果がどうであれ、20代で得た経験は、今後の仕事観やキャリアプランを構築する上で必ず役に立ちます。

 

また、自分自身を成長させる機会にもなりますので、ぜひ積極的に取り組んでください。

 

20代の転職市場について少しお話しますと、特に「第二新卒」を積極的に採用する企業が増えてきています。

 

「第二新卒」とは、学校を卒業後一度就職し、3年以内に再就職を希望する人のことです。

 

やる気、熱意、柔軟性、適応力など若者ならではのポテンシャルを持ち、短期間とはいえ社会人としての経験を積んでいる第二新卒は、企業にとって非常に魅力的な存在です。

 

新卒で入社した会社で「どうしても仕事に行きたくない」「休み明けの明日も仕事に行きたくない」「本気で働きたくない」と悩んでいる人は、前向きに転職を考えてみてはいかがでしょうか?

 

30代の仕事に行きたくないパターン

 

30代になると、ある程度仕事にも慣れてきます。

 

人によっては、チームリーダーになったり、後輩を指導したりと、より責任ある仕事を任されるようになり、仕事へのモチベーションが上がるかもしれません。

 

一方、「一生懸命やっても給料が上がらない」「誰にも期待されていない」「仕事に行きたくないときもある」など、今の仕事を続けることに迷いがある人も多いのではないでしょうか。

 

中には、「仕事が暇だから行きたくない」と言う人もいるかもしれません。

 

30代で働きたくないと強く思うのであれば、できるだけ早く具体的な行動を起こすことをおすすめします。

 

例えば、次のような新しいことを始めてみてはいかがでしょうか。

 

「クラウドワークス」「ランサーズ」「ココナラ」などで副業を始める
オンラインサロンに参加してスキルアップを図る
TOEIC、MOS、ファイナンシャルプランナーなど、独学でスキルを身につける
転職エージェントに相談し、今の転職市場の状況を知る

 

など、積極的に行動することで、新たな転職のチャンスにつながったり、その後のキャリアプランの参考になったりなど、良い影響があります。

 

コツコツと始めたことが、転職活動に役立つ可能性は大いにあります。

 

30代の転職では、20代と比較して、その人が持っているスキルや培ってきた経験が重視されます。

 

転職の選考では、企業側も「何ができるか」を見ているので、自分自身の強みやアピールポイントを意識して行動するとよいでしょう。

 

また、30代の転職では、未経験者向けの求人がないわけではありませんが、20代の転職に比べると、求人の数はかなり少なくなっています。

 

特に30代前半と後半では求人の傾向が大きく変わるため、「30代前半は求人が多かったが、35歳を過ぎると応募できる求人がなかなか見つからなくなった」という話はよく聞く話です。

 

どのような業界、職種を希望するかにもよりますが、30代は転職のラストチャンスと言えそうです。

 

思いつきで退職・入社を決めるのは避け、転職エージェントを利用して計画的に進めましょう。

 

40〜50代の仕事に行きたくないパターン

 

40~50代は社会人歴も20年近くになり、会社だけでなく社会の仕組みやトレンドもよく理解している人が多いです。

 

同時に、仕事だけでなく、子どもの成長や親の介護など、さまざまなライフイベントの真っ只中にいます。

 

そのため、「仕事をしたくない」「働きたくない」と感じるのは、実は仕事そのものが原因ではなく、家庭やプライベートでの悩みから仕事へのモチベーションが低下している可能性も十分に考えられます。

 

できれば、仕事や家庭の忙しさから少し離れて、自分がなぜ「働きたくない」のか、じっくり考えてみてください。

 

原因が仕事にあることが分かれば、「転職」という選択肢も浮かんでくるかもしれません。

 

しかし、40代、50代になってからの転職は、20代、30代に比べると難しいものです。

 

実際に転職してみると、以下のような壁にぶつかる人も多いのではないでしょうか。

 

40代向けの求人が少なく、紹介されにくい
未経験でも応募できるが、年齢制限がある
スキルやキャリアが不十分で、選考を通過しにくい

 

また、40代、50代は仕事量も増え、給与も高くなる年代です。

 

長年勤めた会社で培った経験やスキルが、他社では活かせないということもあり得ます。

 

40代、50代の方が安易に退職するのはもったいないですし、リスクも高いので、「今の状況でどのように仕事に前向きに取り組めるか」を考え、対策を立ててから転職に踏み切ることをおすすめします。

 

無職の働きたくないパターン

 

無職の方の中には、「そもそも働きたくない」「働きたくないけどお金が欲しい」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

人それぞれ、事情や背景があるかと思います。

 

しかし、いつまでも親に頼る生活や貯金を切り崩す生活を続けることはできません。

 

将来困らないように、できるところから少しずつ行動していきましょう。

 

おすすめなのは、自己分析です。

 

一見、難しそうですが、自己分析とは自分自身への理解を深める作業であり、以下のようなメリットがあります。

 

自分の長所、短所、興味のある分野を理解できる
将来の目標が見つけやすくなる
自分がどのような仕事をしたいのかが理解できる
自分に合った仕事を選びやすくなる
人生で大切にしていることが明確になる
自己PRや志望動機に説得力が出る

 

一人で自己分析をするのが不安な方は、就活支援サービスなどを利用して自己分析をすることをおすすめします。

 

就職支援サービスに登録すると、担当のアドバイザーからさまざまな質問を受けることになります。

 

カウンセリングを通して、あなたの強みなどを客観的に判断してくれます。

 

また、サービスによっては、自分の強みを客観的に判断するための「適性診断」を無料で行っているところもあります。

 

就職支援サービスを上手に活用することで、自分では気づかなかった強みを発見することができます。

 

自分のことを客観的に知ることで自信がつけば、働くことに対しても前向きに考えられるようになるはずです。