髪の毛が傷んでいるのはキューティクルの傷み?

髪がきれいな人は、とても魅力的に見えるものです。

ツヤツヤ、サラサラの髪の毛は、おしゃれな印象を与える重要な要素ですね。

あなたは髪の傷みやパサつきは気になりませんか?

美しい髪を手に入れるためには、毎日のヘアケアに気を配ってみて下さい!

最もスタンダードなのは、シャンプーやドライヤーなど、毎日のヘアケアです。

これらを正しく行うことが、美髪への近道ですね!

間違った方法で行うと、どんなに良いケアでも髪が傷んでしまいます。

すでに髪が傷んでいる場合は、トリートメントでダメージをケアするのがベターです。

傷んだ髪を補修しながら、より美しい髪に近づけていきましょう。

自分の髪の状態を知る

効果的なヘアケアのポイントは、髪の状態や質に合わせた方法を取り入れることです。

まずは自身の髪のコンディションをチェックしましょう。

髪のダメージが気になる場合は、まず髪の表面にある「キューティクル」の状態から見ていきます。

キューティクルとは、髪の表面にある魚の鱗のような形をした組織で、髪の内部組織を保護する役割を担っています。

この鱗のような形状が髪の水分を保持するため、キューティクルが整っていると髪は潤いとツヤを保つことができるのです。

しかし、キューティクルは非常に薄く、摩擦や熱に弱いという弱点があります。

髪が濡れたまま無理にブラッシングしたり、こすったりすると、キューティクルがはがれてしまい、うるおいやツヤが失われてしまいます。

また、ドライヤーの長時間の使用もキューティクルを傷めます。

キューティクルがはがれると、髪の水分を保持できなくなるだけでなく、髪内部のたんぱく質が流出し、さらに髪を傷めることになります。

髪がパサつく、ツヤがない、ケアしても傷むという場合は、キューティクルがはがれている可能性が高いので、できる限り髪に負荷をかけないように心がけてくださいね!